こんにちは、スタッフ”I”です。本日はゆるっと”古い音楽”の収納術の特集です。皆さんは日常的に音楽を聴く方ですか?暮らしの彩りに欠かせないという音楽マニアな方、意外と多いのでは。私も音楽が大好きです。夜は居間でテレビもつけずに、父親の流す昔の流行歌やクラシックをぼーっと聴き入って、リラックスしているなんてこともしばしば。


コンポ

上の写真はパパサラダにあるミュージックコンポです。CDやラジオはもちろん、MDとテープまで対応している優れモノです。パパサラダ事務所では営業中、毎日のように薄いバック・グラウンド・ミュージックがかかっています。ハイ、長ったらしく言ってみましたが、ただのBGMです(笑)。社員さんが持ち込んだボニーピンクや、昔のポップソングの英語カバー曲など、耳触りの良い音楽が色々用意されています。この音楽、非常に作業効率アップになるんですよね。落ち着きのあるBGMが、私がパパサラダの仕事を気に入っている理由のひとつでもあります。


MD
お洒落なMDラベル/Photo by 「CD、テープを聴いて勉強しよう!!」

ところで、すっかりMP3などのデータ音源文化になってから、久しい昨今。皆様のおうちにまだMDディスクはありますか?私は山ほど持っています。中高の多感な時期をそのMDの音楽と共に過ごしたため、捨てられないものばかりで、かといって量が多くて、上手に収納すべき術をもたないまま今日まで過ごしてきました。しかし、私はとうとうみつけたんです。長年探し求めていた、膨大なMDを一括して収納できる、収納美人ちゃんケースを…!


MD収納ケースラベル

じゃーん!こちらです。無印良品より、「キャリーケース・救急箱タイプ・大」です。救急箱?そうです。救急箱の仕切りがなんともMD規格品かと思うくらいぴったりだったんです。早速中身をお見せしましょう。


MD収納ケース中身

ずらっと私の大事なコレクションが収納できました。どうでもいいことですが、このMD、すべてSONY製品で揃えています。昔から音楽に関してはSONYを信用している私。いえ、なんとなくなんですけどね(笑)。しかしこうして見るとラベルが色あせてしまっているものが多々あります。音はまだまだ平気なようですが、ラベルに経った年数を思うと、それが真新しかった日々のことを思い、懐かしく胸がしめつけられますね。音楽には記憶が閉じ込められていると思います。その記憶を丸ごと収納できて満足、満足。


MD収納ケース外観

フタを閉めて収納したところです。ずっしり重そうなのがわかるでしょうか。でも救急箱にもなっちゃうような頑丈なポリプロピレン製ですので安心です。これでいつでも聴きたいときに好きな音楽を取り出せて、普段は綺麗にしまっておけます。本当に良い買い物をしました。以上、パパサラダにディズニーのMDを持ち込んだら、パレード気分で仕事できないかなと思っている(笑)、一音楽好きの私から、古い音楽収納術のお裾わけでした。皆さんも真似してみてくださいね。